2015年1月31日土曜日

【こんなとき】またまたミャンマー語の本を購入【何て言う?】

どんどんと充実していくなぁ

水掛祭りをバガンですごしたい

ミンガラーバー

前回に引き続き
日本で購入できるミャンマー語勉強本について

今回はず〜っと気になっていて
でも忙しくて読む暇もないだろうと
amazonでカートに入れっぱなしだった本を
ようやく購入

タイトル
ミャンマーこんなとき何て言うの?
土橋泰子 著(連合出版)




 日本のミャンマー界では知る人ぞ知る
土橋先生のミャンマー語本

中身よりもまずはジャケ
ミャンマーのごった煮ってかんじで
この時点で手に取ってしまいます
ジャケだけで期待感がグッとアップ

ニシガイトはDJもやっていたのでわかるのですが
基本的に良いジャケのレコードはハズレなし
というわけで絶対にこの本は全体的な満足度は高いはず!!

で、さっそく中身をチェック

やっぱりスゴイワ〜
わかりやすいし
発音の表記は記号などを使って、独自のカタカナ表記で
できるだけ近い発音になるように工夫されています

会話の中で使うことを前提に作られているのはわかります
他の本よりも多彩な表現が記載されていますが
それでも会話用の本ではなくて
語学勉強の本だなぁという印象は拭えません

しかしこの本の最大の売りは
その説明文じゃないかと思います

一つの表現に入るときに
文法的な説明もわかりやすく書かれており
また発音が難しいフレーズなども
どのようにすれば綺麗な発音になるかも書かれており
それだけでも凄いんですが
そのフレーズにちなんだミャンマー話(文化など)が
フレーズの説明以上に書かれている点だと思います

やはりこの本にも
空港で〜
などというカテゴリーのなかに
空港で使うであろうミャンマー語のフレーズが記載されています
しかし説明の中で
「基本英語が通じるので〜」と書いてあったり
なんか肩肘張ってない感がとても良いです

読んでいるだけでミャンマーに行きたくなる本

ミャンマーに関わる人は是非購入してみてください



ミャンマーブログランキング参加中です
ボタンのクリックで応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

地域情報(ミャンマー) ブログランキングへ

ミャンマー語を学ぶなら
高田馬場ミャンマー語教室
キャンペーン中!
通常授業料を6,000円(1回1,500円)にてご提供
詳しくは下記ウェブサイトにて
http://ミャンマー語.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿