2015年1月12日月曜日

【るるぶ】ミャンマー旅行の必需品!?【ミャンマー】

別にJTBからお金を頂いているわけではありませんw


ミンガラーバー

昨日の新年会は盛り上がりました

MRT(ミャンマー料理を食べる会)もいいんだけれど
こういう数名のセミナースタイルもいいですね
今後はこのスタイルでいこうかなぁ
参加していただいたみなさま
ありがとうございました

さて今回の新年会にはミャンマーでビジネスを虎視眈々と狙っている人や
ミャンマーと深い関わり合いも持っている方たちが参加してくれました
そのうちの一人がおもむろにカバンから出した本が

ミャンマー

発売されたばかりです〜
まじか〜〜〜〜〜!!!!!

この情報の少ない国ミャンマー
しかし欧米の旅行業界では
今年行くべき観光地トップ3に入る程
観光業界では大注目のミャンマーなのですが
日本ではどちらかというと
ビジネスという側面が強い気がします

はっきり言って
ミャンマーは観光に訪れて
初めてそのポテンシャルを発揮してくれる国です
ビジネスで関わると
ただただストレスが溜まるだけの国ですw

いままで旅行ガイド誌は「地球の歩き方」しかありませんでした
ミャンマーへ向かう人たちの必需品でしたが
使い勝手があまり良くなかったという個人的な印象があります
情報は多くて、読む分には楽しいんだけれどね〜

購入先へ飛ぶぜ!!

今回手にした「るるぶミャンマー」
はっきり言ってヤバイです

だっていきなりBAGANから始まるからね
YANGONじゃなくてBAGANからってところが素晴らしい

ぶっちゃけYANGONなんて
特に見るべきところもないし
帰りの飛行機の時間前にシュエダゴンパゴダを見に行けば十分
まぁそんなことはないんですが
ニシガイト的には面白いと思える場所が沢山あるんです
でも旅行者として行くにはちょっと危険かなってw

やっぱりミャンマーきたらバガンですよw
んでその次はやっぱりインレー湖だよ
あとはマンダレーだね
で、このるるぶミャンマー版のヤバイところは
取り上げている主な観光地が
BAGAN
YANGON
MANDALAY
INLE LAKE
こんだけ(爆笑

まじでわかってるわ〜
ミャンマー旅行初心者は
まずここを押さえておけばいいもん

2回目、3回目のミャンマー旅行の際に
地球の歩き方を手に持ってミャンマーを旅行すればいいと思います
まぁ4回目以降はLonely Planetだけあればいいけれど





というわけで
これからミャンマーへ行く人は
るるぶミャンマー版を購入してみてくださ〜い


ここから購入できます〜〜〜


ミャンマーブログランキング参加中です
ボタンのクリックで応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

地域情報(ミャンマー) ブログランキングへ

ミャンマー語を学ぶなら
高田馬場ミャンマー語教室
キャンペーン中!
通常授業料を6,000円(1回1,500円)にてご提供
詳しくは下記ウェブサイトにて
http://ミャンマー語.jp

2 件のコメント:

  1. <<ビジネスで関わるとただただストレスが溜まるだけの国ですw>>
    ミャンマーでの理想の生活。
    引退生活である事。
    日本人が経営しているコンドミニアムにて生活すること。例えばGolden Hill Towerで生活。
    ドラバーを雇うこと。
    これならバラ色の生活。ミャンマー人が関わる仕事を始める→イライラ生活の始まり。

    返信削除
    返信
    1. 以前Golden Hill Towerで生活してましたが、全然バラ色の生活じゃなかったですよ。
      便利ではあったけれど。
      今はヤンゴンではチーミンダイのミャンマー人と同じレベルの部屋で生活ですが、
      そちらの方が楽しいしバラ色です。
      でもやはり仕事をするとイライラするので、仕事はしませんw

      削除