2014年8月28日木曜日

【May Myo】メイミョーを歩く(写真多めです)【Town】

日本の避暑地って意外と観光地化しているよね

May Myoの中心
時計台

ミンガラーバー

日本の避暑地といえば
軽井沢
というイメージしか無いのですが

ニシガイト家は熱海と八ヶ岳に別荘をもっており
冬は熱海の別荘で温泉につかり
夏は都会の暑さを避け八ヶ岳でテニス三昧

というのは妄想です……

骨董品屋さん
レプリカ多し


ミャンマーの避暑地といいますと
とにかく何もしないためにある
という感じでしょうか?

といいますのも
May Myoの街はどこにでも転がっている
ミャンマーの街ですw
これといって見所の無い
普通の街です…

見所なんて特にないし
どの街にも必ずある時計台が唯一の観光スポット
しかも街中にはこれといった気の利いたレストランも無いし
欧米人の観光客はいったいどこで食事をとっているのでしょうか

マンダレーにて女子から
メイミョーいくならDECEMBERというレストランに行くべき!
と言われたのを思い出し
時計台から徒歩1分
そのDECEMBERの店まで行きましたよ
行っただけですがw
もちろん食事もできるんですが…
フレッシュミルクの文字が……

だってそのお店
ミルク屋さんなんだもん
オススメがプリンとか…
お腹空かせて夜辿り着いてみたら
プリンってw
しかもね後日マンダレーに戻った時に
同じお店がマンダレーにもあったんだぜ!!

しかもニシガイトは乳製品苦手系男子なので
ミルク押しされてもね〜〜〜〜
街外れにいけば意外と食事どころは多いのです

レストランを探して彷徨い歩き続けましたが
結局以前来た時に見つけた食堂街しかないのでは…

街中にはもちろんレストランあるんですよ
でもねガイドブックに載っている様なレストランなんて
誰でも行くだろうし
そういうんじゃないんだよね
できればローカルに人気で美味しくて安い
尚かつ日本人が食事してもお腹壊さないレベルのレストラン
これを探し求めているのですよ
以前来た時(5年前)はこんなカラフルな看板は
一つもなかったぜ!!
もちろんピザ屋なんてあるはずも無い
時代の流れですね

それに街中はさっきも書いたように
普通のミャンマーの街なんだよね
できれば雰囲気を味わえるレストランとか
そういうのを求めているわけでして

結局雰囲気を味わえたのかわかんないけれど
ゴルフ場を見渡せるレストランで食事しましたw
やっぱりハーフボトルが一番美味しい気がします
ミャンマービール

ミャンマー人に大人気のMay Myoですが
街自体はこじんまりとして
街中を練り歩いても1時間程度
街全体を散歩で2時間半程度
泊まったホテルから徒歩15分で
有名な植物公園や湖がある
公園はこっちよ〜〜〜

避暑地を味わいたいなら
街から離れた所に
元イギリス人達の別荘が点在しているので
適当に散歩するのがいいと思います

May Myoの楽しみ方は
何もしない
というのが正解かもしれません
気が向いたら散歩をして
ホテルでゆっくりを疲れを癒す
こんな感じのお屋敷が点在しております
今でも人が住んでいるようですが
いったい誰が住んでいるのでしょうか

それでもせっかく来たんだから!!
という方は馬車が至る所で客引きをしているので
その馬車に乗って観光スポットを巡ってみてはいかがでしょう

もちろん市場もあるんで
イチバーとしては足を運ばずにはいられないです
っていうか次回は市場潜入編をお送りします
トウモロコシおじさんと被るところがありますがw

んじゃ写真いきましょう!!
ネット環境悪い人へ→ごめんね
こちらが有名な時計台です
この街は意外と人種の坩堝になっている
ヒンドゥー教のお寺だってあるんだぜ!
こちらも宗教施設だし〜
キリスト教の教会だってあるし〜
もちろん仏教だってありますよそりゃ
馬車がこじんまりしていて
身体の大きな欧米人は入らないんじゃないかしら?
Woodland
この辺では幅を利かせているかんじです
でもお洒落なレストランやバーを営業しているので
欧米人のたまり場になりつつある
植物園は前哨戦w
もったいない…
あぁもったいない……
5年前もありましたw
なんだよMTV(洋服屋)って
ちなみにバス停近くです
え、FeelがMay Myoにもあるの?
って感じで入ったんですが……
なんか違いました
お店はお洒落で食事も
こんな感じでお洒落です
でもお酒ないの……
宿泊したホテルのレストランに飾ってありました
日本軍の集合写真です
ポストがあった
というか街にポストが増えたと思う
May Myoの郵便番号は
05081

ミャンマーブログランキング参加中です
ボタンのクリックで応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

地域情報(ミャンマー) ブログランキングへ

ミャンマー語を学ぶなら
高田馬場ミャンマー語教室
ミャンマー学生支援協会発足キャンペーン実施中
通常授業料を6,000円(1回1,500円)にてご提供
詳しくは下記ウェブサイトにて
http://ミャンマー語.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿